白斑は日焼けによって起きることもある?正しい予防法は!
その白斑諦めないで!白斑を綺麗に治療できる美容クリニック徹底比較
皮膚の一部が白くなってしまう白斑とは?その原因って?
あきらめないで!白斑は治る!私はこうして白斑を治しました!!
白斑治療で有名な美容クリニック徹底比較
  1. 日焼けによって白斑が引き起こされることもある?正しい予防法

なぜ日焼けが原因で白斑が起こる?その予防法は!

なぜ日焼けが原因で白斑が起こる?その予防法は!

白斑とは、皮膚の色素細胞であるメラノサイトが減少したり消失したりすることで、お肌が部分的に白く抜けたようになる病気です。 実はこの白斑、日焼けによって引き起こされることもあるんです。通常は日焼けをすると肌が黒くなりますよね。それは、メラノサイトが皮膚細胞を紫外線から守るためにメラニン色素を作り出すからです。 しかし、今まであまり日焼けしていなかった肌が急に紫外線を大量に浴びると、メラノサイト自体がダメージを受けてメラニン色素を作れなくなってしまいます。そのためダメージを受けた部分が白くなってしまう、これが日焼けによって白斑が起こるメカニズムです。

日焼けによる白斑の治りを早める方法

日焼けによる白斑の治りを早める方法

日焼けによる白斑は、ダメージを受けたメラノサイトが回復していくにつれて元に戻っていくことがほとんどです。(一方で、尋常性白斑老人性白斑は自然に治癒することはありません) とは言え、早く治るに越したことはありませんよね。日焼けによる白斑の治りを早めるためには、次のようなことを心がけてくださいね。

日焼けによる白斑は、ダメージを受けたメラノサイトが回復していくにつれて元に戻っていくことがほとんどです。(一方で、尋常性白斑や老人性白斑は自然に治癒することはありません)

とは言え、早く治るに越したことはありませんよね。日焼けによる白斑の治りを早めるためには、次のようなことを心がけてくださいね。

●睡眠をしっかりとる

睡眠中には、痛んだ細胞を修復する「成長ホルモン」が多く分泌されます。眠ると疲れがとれるのも成長ホルモンのおかげ。お肌も同じで、しっかり寝ると痛んだ肌細胞が修復され、血行促進・老廃物を排出・ターンオーバーを正常化してくれるのです。

●保湿ケアを念入りに

外側からのお肌ケアでもっとも大事なのは保湿です。ダメージを受けたあとは特に念入りにケアしてあげましょう。セラミド・ヒアルロン酸など保湿性の高い成分が含まれた化粧水・美容液がおすすめ。アンチエイジング効果がある、プロテオグリカン配合のものもいいですね。

●抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)をとる

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを合わせて「ビタミンACE(エース)」と呼びます。

このビタミンACEは抗酸化力が高くお肌の状態を整えてくれる作用があるので、アンチエイジング&紫外線対策にぴったりなんです。ビタミンA、C、Eは単独ではなく一緒に摂るようにすると、それぞれの作用を高め合うのでさらに効果的です。

ビタミンA

にんじん・ホウレン草・かぼちゃなど緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは 体内でビタミンAになり、活性酸素を除去したり、皮膚や粘膜を保護する作用がある。

ビタミンC

アセロラ・ゴールデンキウイ・いちご・ブロッコリー・じゃがいもなどに多  く含まれ、活性酸素除去、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する。

ビタミンE

アボガド・キウイ・ナッツ類などにたくさん含まれ、活性酸素除去、血流改  善、新陳代謝を活発化する。

以上のように、メラノサイトを回復させるにはお肌全体を回復させる必要があります。紫外線と戦ったお肌を、体の内側・外側からいたわってあげてくださいね!

日焼けによる白斑を予防するには

日焼けによる白斑を予防するには

日焼けによる白斑の予防法は、ズバリ「紫外線を浴びないこと」しかありません。

UVカット機能のある帽子やグローブを着用する、日傘をさす、日焼け止めをしっかり塗る、といった紫外線対策をしましょう。

また目から紫外線が入ると、脳は「日差しが強いのでメラニンを作れ!」と全身に命令を出します。紫外線の強い季節、露出していない部分も黒くなるのはこのようなメカニズムが一因なのです。そこで、紫外線対策をするならサングラスも欠かさないようにしましょう。

そしてもう1つ気をつけたいのが、UVカット商品の寿命です。下記に代表的なUVカット商品の寿命を紹介します。効果を最大限に引き出すためにも、時期がきたら買い替えをしましょう。

●日傘

・生地に紫外線反射材や紫外線吸収剤を染み込ませているタイプ→1~2年

・生地の表面にUVカットコーティングをしている・シルバーコーティングをしているタイプ→2~4年

生地がラミネート加工されているものは、その質によって寿命が左右されます。

●帽子、グローブ(手袋)、パーカーなど

・生地表面にUVカット加工をしているもの→ワンシーズン

・生地自体がUVカット素材のもの→半永久的に効果が続く

●日焼け止めクリーム

未開封なら3年、開封後は1年が目安です。

●サングラス

レンズ表面にUVカットコーティングをしたものと、レンズ自体に紫外線吸収剤を練りこんだものがありますが、いずれも5年程度。「UV測定器」で効果を確認できるので、メガネ屋さんで測定してもらうといいですよ。