当サイトでは白斑で悩んでいた管理人が実際に治療した美容クリニックをランキングで発表しています。
その白斑諦めないで!白斑を綺麗に治療できる美容クリニック徹底比較
皮膚の一部が白くなってしまう白斑とは?その原因って?
あきらめないで!白斑は治る!私はこうして白斑を治しました!!
白斑治療で有名な美容クリニック徹底比較

その白斑どうしていますか?

その白斑どうしていますか?

白斑という病気があることは知っていましたが、突然、それも30代半ばを過ぎた頃にかかるなんて思ってもみませんでした。ある時から首の白い部分が何日経っても消えず、驚いて皮膚科に行ってみたところ白斑だと診断されました。その病院では現時点で治療法はないと言われ、それからは首の白斑を毎日ファンデーションで隠しながら、どこか治療してくれるところはないか探し続けました。

そこで出会ったのが、細胞療法という白斑のまったく新しい治療法です。ここにたどりつくまでに得た様々な白斑に関する情報をここにまとめておきます。白斑はもう治らないとあきらめている方々に是非読んでいただきたいと思います。

白斑とは?

白斑とは?

白斑とは部分的に色素が抜けたように皮膚の色が白くなる病気で、何らかの原因によって肌の色素細胞であるメラノサイトが減ってしまう、あるいは消失してしまうことによって起こります。先天性と後天性があり、後天性のうち代表的なものが「尋常性白斑」で、白斑患者すべての約6割を占めると言われているそうです。つまり、赤ちゃんの頃から症状が出ている人もいれば、ある日突然発症する人もいて、しかもその年齢には制限がありません。

皮膚が白くなる範囲が重なって大きくなることもありますが、発症や進行の原因はわかっていません。現時点で関連があるとされているのは自己免疫疾患や神経系の異常、遺伝的な原因など複数ありますが、いずれも明らかではないようです。白斑について詳しくは「皮膚の一部が白くなってしまう白斑とは?その原因って?」をご覧ください。

どんな治療法が一般的なの?

多くの病院で治療法がないと言われる白斑ですが、実際に絶対的な効果が得られると言われる治療法はないというのが現状です。白斑が発症する原因がはっきりしていないことがその理由のようですが、現在主に対症療法として行われているのは、以下の通りです。

外用療法

ステロイド外用薬や活性型ビタミンD3外用薬、タクロリムス軟膏などを患部に塗る治療法です。それぞれに副作用があります。

光線療法

紫外線を照射して治療する方法です。PUVA療法、ナローバンドUVB照射療法、エキシマレーザー/ライト照射法などがあります。症状や部位によって効果に差異があり、また皮膚癌などの発癌リスクが高いものもあります。

細胞療法

自らの正常な肌から細胞を採取して白斑部分に定着させる治療法です。定着したメラノサイトが新たにメラニンを生成し、自然に肌の色が再生されます。

現在行われている白斑の治療法の詳細については、「白斑はどうやって治すの?治療方法は?」をご覧ください。

白斑を綺麗に治せる美容クリニックランキング

1位 恵比寿美容クリニック

恵比寿美容クリニック
治療法 細胞療法
料金

モニタープラン手のひらサイズ1カ所:半額

通常料金手のひらサイズ1カ所:368,800円

治療回数

簡単な治療を1回受けるだけで効果を実感出来る

ダウンタイム

ほとんどなし

恵比寿美容クリニックの総評

明確な治療法が確立されていない白斑について、恵比寿美容クリニックではこれまで主流であった着色クリームや漢方薬や食事療法、ステロイド療法、紫外線療法、脱色療法は行わず、自分の正常な肌から細胞を採取して白斑部分に定着させるというまったく新しい治療法を行っています。白斑とは、肌の一部にメラニンを生成するメラノサイトがなくなってしまうという皮膚の病気ですが、この新しい治療法は白斑部分にメラノサイトを新しく定着させることで自然に肌の色を再生させる細胞療法です。

自分自身の元気なメラノサイトを定着させるため拒絶反応や副作用の心配もなく、未成年でも施術可能。簡単な治療を1回受けるだけで効果が見られます。まずはカウンセリングを受けるところから始めることができるのも安心です。また、2017年2月現在、手のひらサイズ1ヶ所無料、2ヶ所目から半額というモニタープランを実施しています。

カウンセリングでは本当にしっかりとこちらの話を聞いて、治療に関する説明をていねいにしてくださいました。十分に納得した上で施術を受けることができ、4週間後に診てもらったときにはかなり自然な肌色に近づいていて本当に驚きました。

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

2位 ヒロクリニック

ヒロクリニック
治療法 光線療法(ナローバンドUVB照射)、セラビームUV308
料金

光線療法(ナローバンドUVB照射)1回:2,000円前後

セラビームUV308 1回:2,000円前後

治療回数

何十回も通わなくては効果が実感できない。

ダウンタイム

1週間ほどのダウンタイムがある。

ヒロクリニックの総評

ヒロクリニックでは、白斑の治療法として内服治療やステロイド療法では改善が見られないという理由から、光線治療を第一の選択肢として行っています。特に光線治療の中では治療効果の高いナローバンドUVBは保険治療が認可されました。

光線治療のみで改善が見られない場合は、1ミリ程度の健常皮膚を白斑部分に移植する植皮術を行い、さらに植皮した部位を含む周囲の皮膚に光線療法を施すことで色素の出現を促すという方法を行っています。

女性の医師と男性の医師による診療が時間帯によって分かれています。希望がある場合はその時間に予約を取ることができます。

肌を診てもらうので女性の先生を選んで診てもらえるというのはとてもありがたいと思いました。内服治療やステロイド治療に否定的である点はとてもいいと思いますが、やはり光線治療を最初に勧められます。

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

3位 はなふさ皮膚科

はなふさ皮膚科
治療法 ステロイド外用薬、活性型ビタミンD3外用薬、紫外線治療
料金

紫外線治療1回:1,200円前後

治療回数

何十回も通わなくては効果が実感できない。

ダウンタイム

1週間ほどのダウンタイムがある。

はなふさ皮膚科の総評

難治性の皮膚疾患である白斑について、はなふさ皮膚科ではステロイド外用薬、活性型ビタミンD3外用薬、紫外線治療の3つの治療法を行っています。ただしステロイド外用薬は限られた種類の白斑の初期の状態にしか効果がなく、活性型ビタミンD3外用薬は比較的副作用は少ないものの、保険適応外です。そのためはなふさ皮膚科ではナローバンドUVBやエキシマシステムを使った紫外線治療と外用治療の併用を推奨しており、幅広い種類と段階の白斑に対応しています。

医師が診断を行った後に患者側の希望やライフスタイルに合わせて治療計画を立てていきます。症状の範囲によって週1〜2回の通院を1〜3ヶ月というのが一般的な通院期間です。

こちら側の希望や意見も取り入れて治療計画を立ててくださるというのはとても安心できると思いましたが、基本的にはステロイドや紫外線療法を主流とした治療法で、しばらくの間、通院が必要でした。私には合わなかったようです。

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

4位 シロノクリニック

シロノクリニック
治療法 ダイオードレーザー、バイオプトロン、フラクセルレーザー
料金

ダイオードレーザー1分間:1,000円

バイオプトロン1分間:1,000円

フラクセルレーザー1平方センチ:10,000円

ダイオードレーザーとバイオプトロンはだいたい2〜10分照射。

治療回数

何十回も通わなくては効果が実感できない。

ダウンタイム

ダイオードレーザーやバイオプトロンはダウンタイムはほとんどないが、フラクセルレーザーの場合照射後に赤みや腫れが出るので、1週間ほどのダウンタイムがある。

シロノクリニックの総評

シロノクリニックでは、白斑治療に関しては塗り薬(外用薬)、紫外線治療、植皮手術などのいくつかの対症療法を行います。初期症状については、副腎皮質ステロイド外用剤や活性型ビタミンD3外用剤などの塗り薬で症状の緩和を目指すか、あるいはこれらの外用療法とPUVA、ナローバンドUVB、エキシマレーザー/ライトなどの紫外線療法を組み合わせた治療を推奨しています。さらに外用療法や紫外線治療で効果が見られない場合は、白斑がある場所に正常な皮膚の細胞を移植する治療方法も行っています。

医療機器の整備や院内で手に触れるものはすべて消毒・滅菌するという徹底管理、そして1人ひとりの症状に合った治療を提案するというカウンセリング重視の体制によって、安心して訪れることができます。

カウンセリングではこちらもしっかり話を聞いてくださいましたが、ステロイド療法と紫外線療法の併用をすすめられました。それで治る方もいるのだろうと思いつつも、私はステロイドの副作用がどうしても怖かったのでやめました。

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

5位 飯田橋クリニック

飯田橋クリニック
治療法 XTRAC(エクストラック)
料金

紫外線治療1回:5,000円 〜

治療回数

何十回も通わなくては効果が実感できない。

ダウンタイム

1週間ほどのダウンタイムがある。

飯田橋クリニックの総評

飯田橋クリニックでの白斑の治療は紫外線療法です。長年紫外線照射療法PUVAを採用してきましたが、大量の紫外線を浴びることで発がん性が高くなるため、近年では病変部のみに照射が可能なエキシマレーザー療法を採用しています。エキシマレーザーは、ナローバンドUVBと比較しても同等の治療効果で、エキシマライトよりも少ない照射回数で有効率が格段に高いことが認められています。

初回はスキンタイプやMED値を測り、次回までに簡単な自己判定を行って、その後は完全予約制で週1〜2回のレーザー治療と乾癬の治療薬であるドボネックスを併用する形で治療を行っていきます。

発症してから10年以内の白斑には結果が出やすいとうかがいましたが、レーザー治療は本当に痛いと聞いているので、痛い思いをして結果がまったく出なかったときのことを考えるとなかなか勇気が出ません。

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

恵比寿美容クリニックがおすすめな理由はこれ!

恵比寿美容クリニックがおすすめな理由はこれ!

白斑という病気について、調べれば調べるほど治療法がなく絶望的な病気だという情報ばかりが目について、最初は本当にショックでした。そんな中でもいくつか白斑に対して行われている治療があることがわかってきましたが、その多くはステロイド外用薬や紫外線療法です。ステロイドは小さい頃にアトピー性皮膚炎で処方され、副作用に苦しんだ経験があるため絶対に使いたくない!と思い、その結果カウンセリングで勧められたレーザー治療を受けてみましたが、あまりの痛みに卒倒。それでも我慢して何度か通いましたがまったく効果は表れませんでした。

そこで出会ったのが恵比寿美容クリニックの細胞療法です。始めにカウンセリングでそのメカニズムをしっかり説明していただき、安心して施術してもらうことができました。白斑がきれいに消えて健康な肌を取り戻した今となっては、細胞療法に出会う前の自分の鬱屈とした気持ちが嘘のようです。白斑で悩んでいる多くの方に本当におすすめしたいです!

1回の治療で効果が得られる

1回の治療で効果が得られる

外用療法にしても光線療法にしても、週に1〜2度、何ヶ月も通い続けてやっと効果が出るかどうかがわかるといったものです。それでも治ればいいのですが、症状や発症からの年数によってはまったく効果がありません。しかし私たちはそれを知る由もなく、おそらくお医者さんもやってみないとわからないのが現状なのでしょう。結局時間と労力を費やした後に再び絶望と向き合うことになります。

細胞療法は、たった1回の施術のみです。そして4週間後に経過観察のためにもう一度クリニックへ行き、効果を測定してもらいます。この4週間の間にも少しずつ変化が表れてくるのが自分でもわかって本当に信じられない思いでした。それまでの苦悩を思い起こすと、この4週間に起こったことは嘘のようです。

自分自身の元気なメラノサイトを定着させてくれる

自分自身の元気なメラノサイトを定着させてくれる

恵比寿美容クリニックの細胞療法は、自分自身の正常な肌の細胞を採取して、白斑を発症している部分、つまりメラノサイトが減少または消失してしまっている部分に定着させるという治療法なので、副作用や拒否反応が起こりません。ステロイド外用薬を使用した時のように副作用に怯えることもなく、また光線療法を行った時のようにやめるとすぐに再発するという恐れもありません。

土が痩せてしまって作物が育たなくなった場所を、薬品などを使って一時的に蘇らせるのではなく、周辺地域の元気な土を持ってくることで再び肥沃な土地にするといったイメージでしょうか。そうやって再生してくれた自分の肌には水分と栄養をたっぷり与えて、以前よりも大切にしようという思いもわいてきますよね。

未成年でも安心の施術ができる

未成年でも安心の施術ができる

恵比寿美容クリニックの細胞療法は未成年でも保護者の同意書があれば安心して施術を受けることができます。未成年でも受けられるということは、すべての大人たちにとっても安全な治療法であるということですね。また、外用療法や光線療法は、多くの場合、発症して10年以上経っていると効果がなかなか見られないため、外用薬と併用して紫外線を何ヶ月も照射し続けることになります。それは身体にとって本当に恐ろしいことですよね。

細胞治療はこの発症してからの年数も問題になりません。また、私のような尋常性白斑も、老人性白斑も、あるいは化粧品のトラブルで起こった白斑についても、すべてに対応可能だそうです。

生死に関わる病気ではない、とこれまでいろいろな人に言われましたが、白斑は自分の見た目に対する大きなコンプレックスとなり、精神を蝕んでいきます。こうして本当に効果が出る治療法が出て来たことを、白斑を患った者の1人として心から喜ぶとともに、1人でも多くの人がこれで明るい人生を手に入れられるといいなと思います!